めぐりめぐって

ブログ 人生100年日記, 不動産登記

先日、事務所に出入りの業者のおじさんから抵当権の抹消のご依頼を頂いた。
抵当権設定契約書の物件のレイアウトに見覚えがあり、隅の小さなメモ書きはどうやら私の字のようです。

平成元年の抵当権設定で、契約書をすかしてみると、うっすらと当時の銀行の担当者の名前を消した跡がある。その字も間違いなく私の字です。
無事、ローンの返済が終わって良かったですね。

先日、貸し金の担保のために連帯保証人のご自宅を担保に取るという抵当権設定のご依頼を頂いて、お預かりしたご自宅の権利証は平成6年に私が登記した権利証でした。

めぐりめぐって何かのご縁です。

関連記事